大門 正忠(だいもん まさただ)

大門正忠(だいもんまさただ)昭和21年〜(1946〜)洋画家。高知県生まれ。風景画を主とし、北アルプスなど各方面を描く。メキシコ大使館推薦の5人の作家による「メキシコ文化交流展」のメンバーに選ばれる。1991年第一回「日本の風景」、1993年第二回「メキシコの風景」をテーマに開催。この「メキシコ文化交流展」は大きな反響を呼んだが企画者であるメキシコ在住の川上氏の没により休会。以降メキシコの発想に大きな影響を受け作風にも変化をもたらした。「太陽美術展」大賞受賞。元陽会創立委員で元陽会文部大臣賞、東京都教育委員会賞、元陽会賞などを受賞。現在、元陽会常任審査委員・本部理事。日本美術家連盟会員。

丘の上・ロンダの街 F100号

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.