古田 倫之(ふるた みちゆき)

古田倫之(ふるたみちゆき)昭和31年〜(1956〜)洋画家。北海道音更町生まれ。現在、在住。1979年山形大学農学部卒。2007年京都造形芸術大学芸術学部卒。28歳の時に髄膜炎を発症し脳炎から昏睡状態に陥ったが奇蹟的に生還。このことにより、画風が具象から現在の抽象に変化している。当初幾何学的抽象作品が多かったが、現在は抽象表現主義的な要素を加味した作品を制作。また、絵の具をコラージュするラミネイティング法やプレシング法により作品を作り上げている。ラミネイティング法の発案者で作品はこれらを中心に精力的に制作を続けている。(編集者注釈)ラミネイティング法:アクリル系ビニールの上で色を困らせてコラージュする手法。プレシング法:キャンパス上にアクリル系の絵の具を梱包材であるビニールパッチを使用して、上から軽くプレスし、絵の具の表面張力を利用して、色を引き寄せる手法。

ラミネイティングⅠⅡによる表現 2013年制作 美術文化展出品作

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.