原田 拾六(はらだしゅうろく)

昭和16 年~(1941~)陶芸家(茶道具)。岡山県生まれ。現在、備前市在住。1964 年明治大 学農学部農産製造学科卒業( 現農芸科学科)。1971 年伊部に小穴窯築窯、1972 年登窯築窯。1974 年各地の画廊、デパートにて個展を始める。日本橋三越本店、各店、阪神、小田急本店等。1983 年 オ-ストリア国立民族博物館にて二人展開催。2000 年日本陶磁協会賞を受賞。2002 年NHK「茶 陶 歴史と現代作家101 人」に選出される。2002 年岐阜県現代陶芸美術館開館記念「日本陶芸の 展開」出品、収蔵。2003 年東京庭園美術館現代日本の陶芸「受容と発信」出品。2004 年茨城県立 陶芸美術館備前焼の魅力「伝統と創造」出品。アートコレクション収蔵先:メトロポリタン美術館、 岐阜県現代陶芸美術館、ニューオーリンズミュージアムオブ アート、東広島市立美術館、韮崎大 村美術館、ボストン美術館他。作品は重量感のある古備前に勝るとも劣らない風格と存在感を持つ 作品である。

「大葉皿」 (横55.8cm × 幅45.ocm× 高さ7.7cm)
1993年に制作-古備前を参考に制作したものである。
1993年に素焼する。2008年に古備前を現代風にアレンジし焼成して制作したものである。

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.