倉園 冠堂(くらその かんどう)

倉園冠堂(くらそのかんどう)昭和2年〜(1927〜)美術工芸教育家。熊本市生まれ、福岡市在住。本名・昭雄。京都市立美専(現京都市立芸術大学)、東京藝術大学修了。1953年東京教育大学(現筑波大学)卒業、芸術学士。前中村学園大学教授、元愛媛大学教授。元新構造社工芸部会員。東京藝術大学漆工科で松田権六に師事。東京教育大学卒業後は福岡教育大学、福島大学、長崎大学、愛媛大学で美術教育と研究に専念。愛媛大学退官後中村学園大学にてさらに造形教育研究に尽力。実践研究としては毎年東京都美術館で開催の新構造展に会員出品。とくに木材の収縮、膨張による欠点(狂い)を除去する積層による構造を研究。合板、ツキ板などの板材を積層、改良木材とし、二次元の平面から三次元の立体としての造形美を追求、リズミカルな直線文の美しさを表した。代表作の花器『飛翔』(1978・中村学園大学蔵、学生支援センター内展示)は、その形体を「土器」「蝶」に求め、それから受ける上方への発展、飛翔のイメージを表している。

『飛翔』 花器 1978年制作 中村学園大学所蔵 学生支援センター内展示

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.