黒沢 竜(くろさわりゅう)

黒沢竜(くろさわりゅう)昭和3 年~(1928 ~)洋画家。東京都生まれ、世 田谷区在住。本名・唯二。東京府立電機工業学校卒業。都立高工二部 入学と同時に電機会社に入社。退職後の1956年佐藤敬に学ぶ。1958 年「創造美術会展」入選。同会会友などを経て、委員、審査委員(1962)、青 年部長を歴任。1964年黒沢竜美術教室主宰。1965年日本美術会会員。 1970 年高島屋招待4 人展。1971 年ストックホルム・ボーマンス画廊で個展。 1972 年世田谷美術館遊歩道壁画制作、世田谷壁画の会を結成し代表となる。 1990年〜91年2回G展(パリ市 ギャラリーエブェラート)1992 年グラヒックアート美術館を那須塩原に開設。2001 年那須塩原四季画 廊にて47 回個展開催。現在、塩原ファミリー牧場内及びGA 美術館にて常設 展示。青年時代は貝殻をモチーフにした作品、中年時代はヨーロッパの城砦の 絵を制作、以後は自然の風景を描く。コンピューターグラヒックス で抽象画も制作。2015年世田谷美術館と画廊ACCAを結ぶ22日間の連続個展開催。作品は、世田谷美術館、牛の博物館(奥州市)外の公共施設に収蔵。著書に画文随筆集「キリストは黒髪?」(国立近代美術館蔵書)他、画集もある。

「赤べこ」

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.