長井 宏之(ながい ひろゆき)

長井宏之(ながいひろゆき)昭和12年〜(1937年〜)禅書画。三重県生まれ。三重県松阪市在住。1960年東京教育大学(現筑波大学)卒業。1957年「光風会展」初入選。1967年全日本美術協会委員。1981年朝日新聞社「朝日チャリティー美術展」初出品。1984年「三重県知名人展」、「政経文化画人展」初出品、「慈彩会展」会員として初出品。2002年「日中著名人書画展」(中国故宮博物院)、2003年「著名人色紙展」(ロサンゼルス)に出品。「中日著名人書画展」出品。フルール・ド・リス芸術大賞受賞。作品は茶道芸術たる“わびさび”の世界を表現した油絵の禅画。油彩から1977年墨画に転向。現在、油彩墨画、墨画も制作中。東洋の伝統美である墨画の世界を濃淡、遠近感をとりいれず書道的、版画的で新しい禅画、象徴画ともいうべき世界を表現。独特な世界観のもとに世界でも無二と思われる新しい墨画の世界を試みている。現在、国際芸術文化振興会会員、政経文化画人展会員、日本美術家連盟会員。国際美術交流協会客員教授。A.M.S.C(国際美術評論家選考委員会)スペイン本部芸術家会員。人事興信録、日本紳士録掲載。2015年京都新聞社チャリティー美術展初出品. メールアドレス:yudantaiteki-256@docomo.ne.jp FAX:0598-23-2411(専用) 515-0085 三重県松坂市湊町256-9

『蹲踞と石灯籠』色紙 

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.