清水一好(しみずいっこう)

清水 一好(しみず いっこう)昭和22年〜(1947〜)洋画家。岐阜県生まれ。岐阜県高山市在住。18歳で双六岳へ登り以来45年間登山を愛好。当初山岳写真に熱中したが、より心象的に表現しようと絵を始める。上原誠に師事。「山」のフォルムと色を求めて30余年「山」を描き続けている。作品発表は公募展、グループ展、個展(7回)。自宅の「飛騨山岳画廊 青い山脈」に常時40数点の山岳画を展示、爽やかな山の風光を伝えている。

URL http://www.h6.dion.ne.jp/~kazu061
e-mail sangaku-art@r7.dion.ne.jp

『穂高黎明』(北穂高岳頂上からの風景)2012年制作「ゴッホ生誕160年記念シャンパン芸術祭」シャンパンのアートラベル情熱の光彩芸術金賞

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.