東郷 克治(とうごう かつじ)

東郷克治(とうごうかつじ)昭和13年~(1938~)洋画家。福井県生まれ。在学中より「耺美協」中央美術研究所で学ぶ。御茶の水美術学院を修了し絵画制作に入る。1972年「主体展」に初出品、2001年まで30回連続出品。その間、3回佳作作家に推薦される。その後出品を止め無所属となる。2012年に初期からの作品集を刊行。2015年に娘さんを亡くされ、それを契機に今までの具象表現から抽象表現に変わった。2018年にその間描いた抽象画の作品集を刊行。個展は現在までに紀伊国屋画廊等14回開催。代表作に具象画『待』、抽象画『誕辰』など。現在、日本美術家連盟会員。

『誕辰』 2017年作 2018年 個展 出品作品

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.