塚本 弥生(つかもと みしょう)

塚本弥生(つかもとみしょう)昭和28 年〜(1953 〜)書家・学芸員。京都府生まれ。現在、京都市在住。本名・弥一郎。父・弥太郎は愛石流名人、長男弥石(東大在学時)、次男弥青( 神戸大在学時)、共に「全日展」京都府知事賞を受賞。実姉・鶴田綾子も「日展」水墨画入選作家、伯父・末治郎は能書家で西脇呉石に師事という家庭を持つ。1992年中国にてその技量を認められ書法会幹部と日中友好合作揮毫。1995年日本教育書道藝術院にて半年間で師範免許。同年より「東京書作展」、「文化書道展」、「現代臨書展」、「産経国際書展」、「全日展」等、流派を超えて多数受賞。作品は異彩を放った書作で各書作展に刺激を与え続けている。2000 年東京武道館で入魂書式。自身は空手道六段。柔道や極真会館等武道関係者の他、漢検、企業、国会議員、歌手、真言宗、パリにてイスラム教徒等、多方面から揮毫依頼を受ける。2008 年から毎年中国各省で交流揮毫、李公麟書画院、銭君匋博物館、浦江美術館より表彰を受ける。モスクワ市長より表彰。米国ハワイ大学教育学部ビジョンの抄約揮毫。京都で個展開催。現在、各書道団体の審査員・顧問・講師を務める。

『如鐡』 1997年作 高野山真言宗不動院

閉じる

Copyright 2013 MFG株式会社 All Rights eserved.